2月22日()~23日()

 

 

見学ツアー

      のお知らせ

酒蔵は近くの姫路の蔵(壺坂酒造・雪彦山)です。

まだ、お若い杜氏さんがいて、たったお二人でほのぼのとした、旨味のあるお酒を醸しておられます。

阿留酎では既に、沢山のお客様がこのお酒を体験されています。

私は2013年の2月に行って来ました。

蔵見学ご1時間以上も蔵内でお酒を頂いたのは初めてです。お話も良かったですし、この蔵におられる人々の温かさが伝わり、凍てついてた心がじわーっと溶けていく感触でした。

是非皆さんも体験してみてはどうでしょう。皆さん、一緒に行きましょう。              阿留酎

 

日程

2014年2月22日()

1300 酒の蔵たけなか出発

1330 太田酒造(神戸市東灘区)見学

1430 出発

途中SAで休憩

壺坂酒造に到着(見学は翌日)

1730 夢乃井旅館に到着(チェックイン・宴会)宿泊

2014年2月23日()

1000 出発 壺坂酒造に向かう

1015 蔵に到着・見学

1200 出発

帰路につく・加古川SAで休憩(昼食)

 

1530 酒の蔵たけなか・阿留酎(西宮市青木町)に到着・解散

 

費用:¥25,000(バス代・宿泊費・宴会費用及び酒代を含みます)

定員: 27名

<参考>

★太田酒造:神戸市東灘区深江南町二丁目1-7 http://www.ohta-shuzou.co.jp/

★壺坂酒造:姫路市夢前町前之庄1418-1  http://www.seppiko.jp/

★里湯ひととき 夢乃井:姫路市夢前町前之庄187夢乃井 http://www.yukoyuko.net/2884/plan/

 

 

 

 

大事なことを忘れていました!!        2013/12/11

酒蔵見学ツアーの目玉とでも言いましょうか.

 

夢乃井旅館に泊まって、宴会をするんですが、

 

その宴会には、なんと,

 

壺坂酒造の杜氏さんが参加して下さることになっています。

 

もちろん、出来たての『雪彦山』をいただきますよ!!

 

 

そして、とても気さくな方ですので、きっといろんなお話をきかせてもらえると思います。

 

ということを、行程表に書くのを忘れていました!

 

 

 

酒蔵見学の日程表を作りました。         2013.12.08

2月22日(土)

太田酒造に出発直後に行く

http://www.ohta-shuzou.co.jp/

12:40 酒の蔵たけなかに集合

  13:00 出発

  13:30 太田酒造着   軽く見学

 灘の酒蔵ですが、能登杜氏を擁して

 深い味わいのお酒を醸しておられます。

  14:30 出発

②途中SAで休憩

壺坂酒造に到着

  http://www.seppiko.jp/

 今、阿留酎で人気絶頂の純米生原酒

 自然界のヒントを頼りに、のびのびとお米の味を

 出します。

17:30 夢乃井旅館に到着

里湯ひととき 夢乃井

http://www.yukoyuko.net/2884/plan/

旅館のチェックインの時間(17時~17:30)

 

2月23日行程
10:00 出発 壺坂酒造に向かう
10:15 蔵に到着・見学
12:00 出発
  または、
 
 13:00 出発(折り詰め弁当を取り蔵で食事)

 

帰路につく
④加古川SAで休憩(蔵で食べなかった場合はここで昼食)
15:30 
酒の蔵たけなか(西宮市青木町)に到着

 

・定員は30名。
 
・費用は、宿泊代がまだわかりませんが、一人¥10000は超えます。
 大部屋何部屋かに分かれて寝るようにして安く見積もって頂くつもりです。
バス代は一人¥5000ぐらいで宴会費用も合わせて、
¥20000以内に抑えらたらいいなあ・・・と考えています。
 
決定しましたら、また、ここに載せておきます。

 

来年2月に久々にお客様と蔵見学を実施致します。

姫路の壺坂酒造・雪彦山
姫路の壺坂酒造・雪彦山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿留酎の蔵見学 

 

来年2014年の

 

2月22日(土)23日(日)

 

に行きます。

 

酒蔵は近くの姫路の蔵(壺坂酒造・雪

 

彦山)でまだ、お若い杜氏さんがいて、

 

たったお二人でほのぼのとした、旨味の

 

あるお酒を醸しておられます。

 

阿留酎では既に、沢山のお客様がこのお

 

酒を体験されています。

 

私はこの2月に行って来ました。

 

蔵見学後、1時間以上も蔵内でお酒を頂いた

 

のは初めてです。

 

お話も良かったですし、この蔵に居られ

 

る人々の温かさが伝わり

 

凍てついてた心がじわーっと溶けてい

 

く感触でした、是非皆さんも体験してみ

 

てはどうでしょう。

 

バスを一台チャーターして、お酒を積み

 

込みましょう。お酒を飲みながら、歌を

 

歌いながら、昔話をしながら、姫路まで

 

行きましょう。

 

なんなら、少し遠回りして。

 

前日は旅館で雪彦山を浴びるように飲も

 

うではありませんか。杜氏さんも旅館に

 

来て頂きましょう。

 

 阿留酎

 

 

久しぶりの蔵見学に行ってきました!!         2013.2.24